PhotoshopでJavaScript(jsx)で書いたプログラムとプラグイン(C++)で書いたプログラムの処理速度を比べた結果

PhotoShopでスクリプトを書いて、現在アクティブなドキュメントのレイヤーを全て取得し、レイヤー名と座標をCSV形式で出力するということをしていました。

大体250前後のレイヤー数、プラスグループ化がそこそこされている状態だとスクリプトで実行した場合2.7秒かかってました。

JavaScriptで書けばこんなもんかなと特に気にしなかったんですが、よくよく考えたらC++でプラグインかけるよなぁと思い、C++で書いてみた結果、平均80msで出力できるようになりました。

大体30倍ぐらい速くなったんで、もっと複雑なことができそうです。

プラグインのドキュメントがネット上に中々なくて苦労した・・・。

———————————広告———————————

———————————広告———————————

AmazonでExcel 2010を再ダウンロードする時の手順

今回windows10 proを32ビットから64ビットに変更しました。

そのため再度アプリを入れなおしているのですが、その中にExcel 2010がありまして、Amazonで購入していました。

Amazonの履歴から再ダウンロードができるだろうと楽観的に考えていたら思いのほかうまくいかなかったので手順を書いておきます。

結果的に無事再ダウンロードはできました。

以下がその手順です。

———————————広告スペース———————————

———————————広告スペース———————————

1.Amazonにログインして注文履歴に移動する

2.注文履歴の検索窓からExcelと入力し検索する

※私が購入したのはMicrosoft Office Excel 2010 通常版 [ダウンロードです

3.表示された検索結果の注文の詳細をクリックする

4.ソフトウェアライブラリへ移動をクリックする

5.ダウンロードボタンをクリックする

6.ダウンロードしたMicrosoft_Office_Excel_2010_通常版_ダウンロード_Downloaderを実行する

と、ここまでの手順を実行して私の場合下記エラーが表示されました。

「ゲートウェイ通信に問題があります

ゲートウェイにエラーが発生しました。ゲームとソフトウェアのライブラリに戻り、もう一度この商品をダウンロードしてください。」

とりあえず、このエラーをみても何のことか分からないので言われてる通りもう一度ダウンロードして試してみましたが、結局はずっと同じことを言われるので断念。

ブラウザを変更してダウンロードも試してみましたが結果は一緒。

途方に暮れていたところボーっと画面を見ていたら、プロダクトキーのすぐ上に「ご利用方法はこちら」のリンクを発見。

「ご利用方法はこちら」のリンクをクリックするとMicroSoftのリンク先と再ダウンロードの方法が書いてあります。

めんどくさい方のためにそのリンク先はこちら。

http://office.microsoft.com/ja-jp/products/FX101828860.aspx

以下、上記サイトをクリック後の手順を書いていきます。

———————————広告スペース———————————

———————————広告スペース———————————

1.http://office.microsoft.com/ja-jp/products/FX101828860.aspxのサイトを開く

2.開いたサイトの下のほうにスクロールしていくと、でかでかと「Office 2010 のダウンロードまたはバックアップの入手」の項目があるので、ダウンロードボタンをクリックする

3.ここでAmazonで購入した際のプロダクトキーを入力し、言語は「日本語」を選択する

4.確認の文字を入力したら送信ボタンをクリック

5.正しいプロダクトキーを入力すればインストーラーをダウンロードできるので後は手順に従ってインストールする

と、最終的には無事インストールできたのでよかったのですが、Amazonで完結できないのは一体どういうことなのかよく分からずじまいです。

もう少し丁寧な説明をしてもらわないとここで詰まる人結構いらっしゃると思うのですが私だけですかね。

いずれにしても同じハマリ方をしている人の役に立てば幸いです。

何か間違いや上記手順を試してもうまくいかないという方がいらっしゃればコメント欄で教えてください。