クリユニのトップセールス底上げ確認

銘柄 持ち越し株数 評価損益
gumi(3903) 1100 -135,509

先週より60円ぐらい戻しました。
相変わらず上値が重いです。

木曜日に1100円まで一気に買われる大口の買いが入りましたが、結局次の日にほぼ全戻しの状態になりました。
リスク回避の買いだとか色々言われてますが実際のところは分からないみたいですね。

各ゲームのセルランの方はパッとしない感じですが、クリユニは底上げされているようで100位台に落ちることがほぼなくなってきているようです。ツイッターでもチラホラプレイされている方が増えているようなのでこのまま勢いを継続してほしい所。

そして本日で4Qの締めになるんですが、売上は3Qとほぼ変わらないんじゃないかと思ってます。3Qが74億だったので4Qも74億前後でしょう。クリユニの海外が好調ですが他がちょっと崩れている感じなのでトントンぐらいでしょう。

gumiのゲームは全て一通りプレイしましたが、一番面白いのはやはりFFBEですね。
クリユニはジャンル的に私に合いませんでした。一定のユーザー層にかなり受けそうなので今そういう人たちが流入していることで売り上げに貢献し始めている感じがします。
タガタメはストーリーは面白いですが、バトル中のテンポが悪すぎて継続率はきっと低いです。たかがテンポと思うかも知れませんが、スマホのゲームにおいてテンポは非常に重要ですよ。
ファンキルはキャラクターで売ってますが、爽快感があまり感じられないのでダメですね。クオリティが低く作りこみが甘々で限定されたユーザーしか付いていない感じがします。
シノビナは最初にこけて大型アップデート後はテンポなど大幅に改善されているようですが、最初のイメージが根付いてしまってそのまま光が当たらなくなってしまった感じがします。絵はキレイなので好きですが。
ブレオデもシノビナと同じ感じですが、ブレオデの場合マップ探索が苦痛でしかないんですよね。FFBEの探索ほどワクワク感がない。大型アプデが来るようなのでそこに期待ですがシノビナと同じ道にならないことを祈ります。

これから先についてはシノビナやブレオデはもしかしたらサービス終了になるかも知れないです。そういうリスクも視野に入れておきつつ、新作に期待する方向になりそうです。

後株価については売上よりも、gumiショックの方がどう考えても尾を引いてますよね…。IPOで買うような投資家の人たち全てを裏切った代償は非常に重いのでしょう。
裏切られた投資家の人たちがgumiに再度投資する、そこまでの成果を出せるのかどうか、今の有様では非常に難しそうですね。

月の半分はトップセールス5位圏内に君臨するゲームを出すか、スマホ以外のジャンルで新しい道を切り開けるかどうか、今年はかなり重要な年になりそうです。

———————————広告———————————

———————————広告———————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。